家庭教師のおかげで大学受験に合格

高校生の時に来てもらっていた家庭教師のおかげで、狙っていた国立大学に合格する事が出来た方の体験談です。

School_Life_Campus_Life_1_Shot_For_Web_af9920047941

バンド活動を続けたくて北海道大学を志望

北海道では有名な国立大学であり、私の地元でもあった為小さい時から北海道大学に行くことが夢でした。
また、高校生の時にバンドを組んでおり、札幌近郊で活動をしていました。
他にも室蘭工業大学やはこだて未来大学を受験していましたが、北海道大学以外の大学に入学してしまうと今組んでいるバンドで活動ができなくなってしまう為、バンドの為にも受験を成功させるしかありませんでした。

結果は北海道大学に入学して1年ほどでバンドは解散してしまいましたが、当時の受験をやる気になった一番の理由だったので、感謝しています。

また、その後も音楽を通して様々な方と出会う事が出来たので、受験当時にバンドを行っていた自分自身にも感謝をしています。

志望校に通っている家庭教師に指導してもらっていた

志望校である北海道大学に通っている家庭教師を雇い、マンツーマンで指導をしてもらっていました。
また、受験シーズンは家庭教師が来ていない時間以外は全て勉強に使っていると言えるほど、勉強だけをしていました。

工夫と言えるかはわかりませんが、勉強に打ち込む時には全ての趣味をシャットダウンし、勉強だけを行いました。
毎日毎日勉強に打ち込んでいれば、嫌でも公式や流れ、単語や歴史が頭に入ってきます。
また、暗記をするものに関しては、何度も何度も書き込みをして覚えていたため、大学ノートは沢山使用しました。

私の場合は書き込む用の大学ノートを沢山購入し、ひたすらノートに書き込み、書き込めない状態になったら捨てていました。

余裕をもって受験することができた

見事志望校であった北海道大学に合格する事ができました。
趣味や他の楽しい事を全てシャットダウンして打ち込んでいたため、喜びははかり知れませんでした。
ただ不思議なもので、それだけ勉強に打ち込んでいると、間違った部分や答えられなかった部分も全てわかっており、心のどこかで受かって当たり前だな、と思うような心の余裕がありました。

今まであまり勉強に打ち込んで来なかった事もあり、やればできると自信が持てた瞬間でした。

受験生へメッセージ

受験というのは、その後のあなたの人生を大きく左右する試練のようなものです。

やりたい趣味がある人、今が良ければ良いと思っている人、人生は思っている以上にまだまだ長いものです。
先ずは自分の力強さを信じて、勉強一本で真剣に頑張ってみてください。
受験は運ではなく努力です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする