大学紹介&志望理由:北海道教育大学

北海道教育大学(美術)に推薦入試で合格した方の受験のエピソード大学の紹介です。

志望校の決め手は「美術系のコース」

この学校を選んだ一番の理由は、北海道内の国立校で唯一、美術系のコースが選択できる学校だったからです。

また、大学には寮がついていたり授業料免除の制度もあったため、4年制の大学ではありますが、その辺の短大私立よりも授業料や生活面にかかるお金が安かったというところも大きいです。
他の多くの大学と違って、一年時では油彩や金属工芸、木工やデザインなど様々な分野の講義を受けることができ、入学後にも様々な可能性を探ることができるというシステムも魅力でした。

これに加えて、推薦入学の場合はセンター試験を受けずに、今まで描いてきた作品を現役講師陣に見て評価してもらうという流れなので、センター試験に自信がなかった私には丁度良い部分もありました。

予備校では友達を作りストレスを軽減

美術分野という特殊な分野の為、大学3年の頃から高校と平行して予備校に通っていました。
予備校ではデッサンや水彩・デザインなどの実技教科を学びますが、道内の予備校の数は限られていたため、中心部から離れている場合は通うだけでもかなり大変でした。

また、実技と平行してセンター試験の勉強をしなければならないため、一般的な受験勉強よりも早く始めるなければなりませんでした。
まだまだ受験モードではない同級生とのモチベーションの差を感じることが多く、自分との闘いになっていきます。
美術系の予備校に通う場合は、予備校での友達作りを積極的に行うことで、ストレスの軽減や希望校の情報をいち早く手に入れることができるのでオススメです。

受験勉強で入学後も安心して授業に望めた

無事に推薦入学で合格し、4年間通いました。

センター試験は受けていませんが、面接は人物評価と作品の質で判断されるようです。
予備校での友人の多くも合格しており、登校初日も緊張はしませんでした。
受験勉強=実力が付くことに直結する分野なので、本気で受験勉強に取り組むことをオススメします。
1年の入ったばかりの頃は、受験勉強で行っていたデッサンなどを中心に授業が進められていきますので、合格したからと気を抜かずに生活して欲しいです。

受験生へメッセージ

教育大学と名の付く大学ですが、実際に教員免許を取得する人は全体の半分ほどです。

教員になりたいというかたはもちろん、美術が好き、絵を描くことが好き、将来デザイナーになりたいという方にはとてもオススメの大学ですので、受験を頑張ってください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする